月別アーカイブ: 2018年2月

自分のバストを好きになればバストが元気になる

バストが小さいとか、昔大きかったバストが垂れてしまったとか、乳首が黒いからピンク乳首にする方法を知りたいとか女性って自分のバストに何かしら不満を持ちます。せっかく世界に一人だけの自分なのだから小さなことは気にせずおおらかに生きていたいと思うのですが、他の女性と自分とを比べてしまうことで自分自身に不満を持ってしまうようになります。他の誰かと自分とを比較しなければ自分の身体に不満を募らせることはないはずですが、いいものを見たり自分にはないものを見たりすることで、「ない物ねだり」をしてしまうのです。

バストの悩みだってそういうところから発生するんですよね。自分以外の女性のバストを知らなければ自分のバストを小さいとか垂れているなんて思いません。自分のバストが可愛くないとかカッコ悪いとか思うのは、形がいいバストの持ち主を見るからです。

といっても、そんなことを言っていても何も変化しないので、まずバストの悩みが小さいことでも垂れていることでも、「毎日どういう風にバストのことを考えているか」ということを見直すと良いかもしれません。自分に与えられたバストのことを可愛くないと思いながら生きていてもバストはしぼむだけです。どうせだったら自分のバストに愛情を持ってみましょう。可愛いと思うだけでバストアップすることもあるのです。

リンパの流れを改善させておっぱいを大きくする

おっぱいを大きくするために必要なことって、身体をいかに健康にするかということだと思うのです。完全に健康な人など大人になれば皆無かもしれませんが、だからこそできるだけ健康な状態を作ることが大事だと思います。バストアップだけしたいと思うことの方が極めて不自然です。わたしはそう思います。

身体が健康で病気がない状態であればおっぱいを大きくするために努力しても良いです。だけど身体の調子が思わしくなかったり、不規則な生活から精神的に疲れていたりと悪い状態では、せっかくおっぱいを大きくするためにあれこれ行ってみても努力が台無しになってしまう可能性があります。そんな無駄なことにならないためにも、まずは土台となる身体の健康状態をよくしておくことがバストアップ法を試す前には必要だと思います。

おっぱいを大きくする方法としてわたしが行っていることは健康な身体を作ることに繋がっているので、両方のことを考えて進めることができます。その方法はリンパ液をスムーズに流す方法なのですが、身体が疲れやすくて冷えやすいわたしにはこの方法でバストアップを狙うのが最適だと思ったのです。

リンパの流れが滞っているだけでバストに悪い影響が出るので、リンパ液は目に見えないけれど流れている様子を想像しながら身体をマッサージしたりツボを押しています。おっぱいを大きくするのに効くツボはバストの周りに集まっていることが多いです。バストの周りとか脇の下や鎖骨付近にリンパが溜まっているところがあったりたくさん流れているので、そこを触ってみて気になったところを押してみたりマッサージするだけでバストにいい効果が期待できます。

何事も今日やったから明日結果が出るということはないけれどやればやっただけの効果はあります。

加圧シャツの効果で姿勢がかなり良くなっていて、シャキッとしている

20代の頃は、それなりにオシャレや髪型にも気を使っていた旦那ですが・・。アラフォーになった今、あのころの面影は全くありません。

いわゆるメタボ体型に陥っていまして・・。彼なりにダイエットに取り組んでいるのですが、全く結果が出ていないのが現状でした。そんななか、スレンダーマッチョプラスという加圧シャツを購入した旦那。これを着始めてから、かなり見た目が良くなってきたんですよね。

まず単純に姿勢が良くなりました。以前までは、猫背でだらしのなし姿勢でしたが、今じゃあ加圧シャツの効果で背筋がピンと伸び、胸を張って、顎を引いて・・、とまあ、すごくシャキッとしているんですよね。もちろん、ダイエット効果もしっかりと表れていて、ブヨブヨだったお腹周りが、かなり絞られてきています。

お腹の中央には軽く筋(すじ)が入るようになっていますし・・。半年前の彼では考えられないことです。この先も使い続ければ、もっと引き締まった体型になると思うので、しっかりと継続していってもらいたいです。