作成者別アーカイブ: iHZ55UfxF8a8

プロ野球の審判という要素

スポーツの審判というものは本当に難しいものです。

2015年のプロ野球では、ホームランのはずのボールがホームランと判定されなかったという誤審もあり、審判のあり方について大きな議論がかわされました。

ジャッジは人間が下すものなので、時にはミスもあります。

いつかすべてのジャッジを機械に任せることになる時代が来るのかもしれませんが、少なくとも現在は殆どがを人間が行います。

プロ野球にもいずれチャレンジシステム導入だったり機械化の波が来る時が来るかもしれません。

でも、人間が判定を行ううちは完璧な判定というのは不可能なもの。

だから、今できることは審判が出来る限り集中して判定を行うことと、ミスがあった時にしっかり反省をすることだけです。

ミスが出てそれにより被害を被った方は納得出来ないこともあるのでしょうが、今のルールの中ではそれしかありません。

審判というのは試合を行う上で絶対に必要な要素なので、レベルアップをしていってほしいところです。

プロ野球には、出来る限り誤審の起こりにくい環境を整備することに尽力してほしいです。

選手のミスはスポーツの面白さでもありますが、審判のミスというのは間違いなく必要のない要素ですからね。

チャレンジシステムや機械化など、今後できることは様々あると思うので、より完璧な試合を目指すために何かしら検討して頂きたいなと感じています。