視力が下がりすぎてショックでしたが

視力回復にも様々な方法がありますが、中には高額なお金がかかるものもあります。また、手術で手っ取り早く回復させる方法などもありますが、かなりの費用がかかるうえ、怖くてできない、という方が少なくありません。なので、もっと手軽にできる方法で視力回復を目指す方がほとんどです。

私が視力低下に気づいたのはもうだいぶ昔の事ですが、最初は一時的なものだろう、目が疲れてるだけですぐ視力は戻るだろうと思っていました。

なぜならその前までは視力は至って正常だったからです。また親の視力が良い事もあって、自分の視力がまだ10代なのに悪くなるわけがないと思っていました。ですが、そんな思いとは裏腹に、確実に視力が悪くなっていき、視力検査が怖くなってしまうほどでした。

また、学校でも黒板が見えなくなってきて、前の席にしてもらうようになりました。

眼鏡が嫌だったので、なかなか眼鏡を作ってもらう事をせず、できるだけ裸眼でいましたが、そのうち眼鏡を作る事になってしまいました。

ですが、大人になってから視力回復のトレーニングを開始して何ヶ月かたった頃、今まで少し離れた場所からは全く見えなかった友達の顔が見えるようになって驚きました。

私の場合は結果がでるまで数ヶ月でしたが、もっと早く出る人も多いようです。