自分のバストを好きになればバストが元気になる

バストが小さいとか、昔大きかったバストが垂れてしまったとか、乳首が黒いからピンク乳首にする方法を知りたいとか女性って自分のバストに何かしら不満を持ちます。せっかく世界に一人だけの自分なのだから小さなことは気にせずおおらかに生きていたいと思うのですが、他の女性と自分とを比べてしまうことで自分自身に不満を持ってしまうようになります。他の誰かと自分とを比較しなければ自分の身体に不満を募らせることはないはずですが、いいものを見たり自分にはないものを見たりすることで、「ない物ねだり」をしてしまうのです。

バストの悩みだってそういうところから発生するんですよね。自分以外の女性のバストを知らなければ自分のバストを小さいとか垂れているなんて思いません。自分のバストが可愛くないとかカッコ悪いとか思うのは、形がいいバストの持ち主を見るからです。

といっても、そんなことを言っていても何も変化しないので、まずバストの悩みが小さいことでも垂れていることでも、「毎日どういう風にバストのことを考えているか」ということを見直すと良いかもしれません。自分に与えられたバストのことを可愛くないと思いながら生きていてもバストはしぼむだけです。どうせだったら自分のバストに愛情を持ってみましょう。可愛いと思うだけでバストアップすることもあるのです。

リンパの流れを改善させておっぱいを大きくする

おっぱいを大きくするために必要なことって、身体をいかに健康にするかということだと思うのです。完全に健康な人など大人になれば皆無かもしれませんが、だからこそできるだけ健康な状態を作ることが大事だと思います。バストアップだけしたいと思うことの方が極めて不自然です。わたしはそう思います。

身体が健康で病気がない状態であればおっぱいを大きくするために努力しても良いです。だけど身体の調子が思わしくなかったり、不規則な生活から精神的に疲れていたりと悪い状態では、せっかくおっぱいを大きくするためにあれこれ行ってみても努力が台無しになってしまう可能性があります。そんな無駄なことにならないためにも、まずは土台となる身体の健康状態をよくしておくことがバストアップ法を試す前には必要だと思います。

おっぱいを大きくする方法としてわたしが行っていることは健康な身体を作ることに繋がっているので、両方のことを考えて進めることができます。その方法はリンパ液をスムーズに流す方法なのですが、身体が疲れやすくて冷えやすいわたしにはこの方法でバストアップを狙うのが最適だと思ったのです。

リンパの流れが滞っているだけでバストに悪い影響が出るので、リンパ液は目に見えないけれど流れている様子を想像しながら身体をマッサージしたりツボを押しています。おっぱいを大きくするのに効くツボはバストの周りに集まっていることが多いです。バストの周りとか脇の下や鎖骨付近にリンパが溜まっているところがあったりたくさん流れているので、そこを触ってみて気になったところを押してみたりマッサージするだけでバストにいい効果が期待できます。

何事も今日やったから明日結果が出るということはないけれどやればやっただけの効果はあります。

加圧シャツの効果で姿勢がかなり良くなっていて、シャキッとしている

20代の頃は、それなりにオシャレや髪型にも気を使っていた旦那ですが・・。アラフォーになった今、あのころの面影は全くありません。

いわゆるメタボ体型に陥っていまして・・。彼なりにダイエットに取り組んでいるのですが、全く結果が出ていないのが現状でした。そんななか、スレンダーマッチョプラスという加圧シャツを購入した旦那。これを着始めてから、かなり見た目が良くなってきたんですよね。

まず単純に姿勢が良くなりました。以前までは、猫背でだらしのなし姿勢でしたが、今じゃあ加圧シャツ 効果で背筋がピンと伸び、胸を張って、顎を引いて・・、とまあ、すごくシャキッとしているんですよね。もちろん、ダイエット効果もしっかりと表れていて、ブヨブヨだったお腹周りが、かなり絞られてきています。

お腹の中央には軽く筋(すじ)が入るようになっていますし・・。半年前の彼では考えられないことです。この先も使い続ければ、もっと引き締まった体型になると思うので、しっかりと継続していってもらいたいです。

「程々に使いたいですね、スマホでも」

「スマホ?いやー、使いづらい!」と最初そう思う人が多いと聞きます。実際、私も最初は、とても使いづらく困って、「ガラケーの方が良かった?」特に年配の人がそう感じると思います。ところが、慣れてみるといやー便利、便利「ガラケーより使いやすい」という人も多いと思います。ただ、料金が高い時期がありましたが、今では会社にもよるけれども7000円~10,000円でそんなに高くないです。ただ、オンラインゲームをやる人にとっては、料金が加算されますので、私は「やらない方がいい」と思います。

しかし、いろいろなアプリがあり、いつでも飽きる事はありません。そこで、いずれ使いたいアプリがあるとすれば、Not TV(ネット専用テレビ局)でしょ?スマホを使うのであれば、これを是非入れてもらいたいです。今までにないネットテレビ局ですので皆さんアプリに入れてみては如何でしょうか?

2.3年前に比べたらだいぶ料金も下がりましたが、それでも「高い!」という人は未だに多いです。変なアプリをダウンロードして高い料金を請求されて、困った人も多くいると思います。私もそれに似た様な事があり、困ってしまった事がありました。でも運良く気づいてくれたので良かったのですが、やはりこういう事には気をつけた方がいいですね。

最後に、「程々に使いたいですね、スマホでも」

バストを大きくしたいなら…

バストを大きくしたいなら、ある程度は自分の脂肪を胸に毎日毎日かき集める事で大きくできます。

形もそれなりに気をつけてブラジャーをするようになるので、良くなります。

だけど、一番大きくするのにいいのは、愛する彼とエッチする事です。

これが、満足であればあるほど、ほんとにいい体つきになれます。

ウエストのくびれもてに入りやすくなります。

バストだけ大きくしても、全体としてのスタイルのバランスが悪いと、あんまりきれいに見えません。気をつけましょう。

よく、巨乳とか爆乳とかいうけど、そういう女性はウエストも腰回りも、お尻もあんまり細くない人が多くて、そういうのはまた必要なところを絞った方がいいでしょう。

好きな男の人とエッチすると、脳から女性ホルモンが出るんです。だから、医学的にも理にかなっているんですよ。

しかも、感じるいいセックスをする事です。それらは秘密の大切なことなので、自分たちで勉強したりきちんと学ばないといけません。

それらができたら、だんだんふくよかになってきます。

それは目に見えてわかるので、自分でも達成感が得られるからいいでしょう。

バストを大きくするということは、更年期障害などで苦しんでいる女性にとって、健康のためにも、非常ににいいことです。

かなり体が楽になります。

女性ホルモンが相当影響するので、大豆製品をたくさんとり、なるべくなくなりつつある成分を自分で積極的に補うことと、今、注目のプエラリアのサプリメントなど、少しずつでも飲んでいくと、かなり変化があるでしょう。

サプリメントはとても便利だし、必要な栄養だけどお金は結構かかってきます。

そこら辺は、自分のお小遣いと相談しながら、少しずつ足していくだけでも違ってきます。

忙しいあなたなら、ブラジャーのサイズはきちんと計って、(ここがすごく間違ってる人が多すぎる)ネットで調べたりして、ほんとに合ったものを身につけることです。

それだけでもきちんと大きくなります。

自宅療養中の私に観放題のhuluは大助かり

2ヶ月前に左の肩甲骨と肩関節部分、左肋骨を骨折して仕事は休ませてもらって自宅療養をしています。

痛みで体を動かせませんし、骨がくっつくまでは安静にと言われてるのでほぼベッドで寝てばかりの生活を送っていて退屈な日々を送ってました。

しかしhuluのおかげで今はとても楽しい毎日になりました。

huluというのは有料動画配信サービスのことで、月額933円で配信中の動画は観放題なんです。

ジャンルですが、映画なら邦画、洋画、ドラマも日本のドラマだけでなく海外ドラマも配信されるんです。

今一番見てるのはアニメです。

映画とかだと2,3時間見て終わりになってしまうんですが、アニメだと話数が多いものが多いのでとても見ごたえがあるんです。

他の動画配信サービスだと話数が多いとその分費用がかかりますがhuluの観放題システムだとこういうのこそ大歓迎なんです。

以前アニメでしてたものも見れますし、私の住んでる地域で放送されていないアニメも配信してくれていたりするので、地方住まいの方も大助かりだと思います。

現在私が観てるのはサイコパスっていうアニメです。1作目と2作目の両方を配信してくれているので、大助かりです。

私のように時間を持て余してる方もこれだけのボリュームだと見応え十分だと思いますし、ほんと助かってます。

2個のインクカートリッジでカラフルにプリントできるのが凄い

インクカートリッジも、たった2個をセッティングすればカラフルな色で鮮明にプリントできるのが驚きました。今までは、家庭用のプリンターを買うまでは、5色ほどのカートリッジが必要だと思っていたのです。それが、たった2個で赤や黄色、黒やブルーなどの様々なカラーが出てくるのですから、まったく驚きました。

今のプリンターは本当に便利だと思いました。しかも、たった2個のカートリッジでいいから、何個も買わなくてもいいので、コスト面も減らすことができて良いなと思いました。

そんな家庭用のプリンターは、とってもコンパクトで良いなとも思います。20年以上前に家にあったプリンターは実に大きく、置き場所を取りました。それが、今の家庭用プリンターはその半分、その3分の1ほどの大きさなのです。とっても軽いから、女性でも持って運ぶことも容易にできます。

今日は和室で、今日はリビングでと、場所を簡単に変えることができるのも便利なところです。USBケーブルと電源ケーブルがあれば、どこにでも持ち運びができます。まるでノートパソコンのように持ち運べるので、本当に家族全員が重宝しています。

1つの家庭用プリンターを家族で使い、大切にしていました。とっても愛着がわいた家庭用プリンターでした。

視力が下がりすぎてショックでしたが

視力回復にも様々な方法がありますが、中には高額なお金がかかるものもあります。また、手術で手っ取り早く回復させる方法などもありますが、かなりの費用がかかるうえ、怖くてできない、という方が少なくありません。なので、もっと手軽にできる方法で視力回復を目指す方がほとんどです。

私が視力低下に気づいたのはもうだいぶ昔の事ですが、最初は一時的なものだろう、目が疲れてるだけですぐ視力は戻るだろうと思っていました。

なぜならその前までは視力は至って正常だったからです。また親の視力が良い事もあって、自分の視力がまだ10代なのに悪くなるわけがないと思っていました。ですが、そんな思いとは裏腹に、確実に視力が悪くなっていき、視力検査が怖くなってしまうほどでした。

また、学校でも黒板が見えなくなってきて、前の席にしてもらうようになりました。

眼鏡が嫌だったので、なかなか眼鏡を作ってもらう事をせず、できるだけ裸眼でいましたが、そのうち眼鏡を作る事になってしまいました。

ですが、大人になってから視力回復のトレーニングを開始して何ヶ月かたった頃、今まで少し離れた場所からは全く見えなかった友達の顔が見えるようになって驚きました。

私の場合は結果がでるまで数ヶ月でしたが、もっと早く出る人も多いようです。

クライマックスシリーズのルール変更をして欲しい。

2007年から始まったクライマックスシリーズですが、そろそろルールの変更を考えても良いのではないかと思っています。その理由として、レギュラーシーズンが軽視されているように感じるからです。現在のアドバンテージは、ファーストステージでは2位チームがホームで出来る、ファイナルステージは1勝のアドバンテージしかありません。個人的にはもう少しレギュラーシーズンの結果を反映したルールにならないかなと思っています。

具体的には、ゲーム差でのアドバンテージを設けるべきだと思います。また5割を切っているチームが参加する際には、1勝のアドバンテージなどがあっても良いと思います。最悪の場合だと、不戦勝扱いになる事もあると思いますが、それはそれで良いと思います。ただ、球団側は入場料収入や放映権の問題で反対すると思いますが。もう少し実態に即したルールに変えていかないと、白けてしまうだけな気がします。

やはりファン心理としては、もう少しレギュラーシーズンに重きをおいて欲しいと思います。勝負の世界なのですから、エンターティメント要素を増やす必要もないと思います。球団からしたら経営も大事なのかもしれませんが、もう少しファンや選手の事も考えてくれると嬉しいなと思います。

日本のプロ野球で優勝ビールかけをするルーツ

日本のプロ野球でリーグ優勝が決まるのは秋の始まりの風物詩です。

優勝チームの監督がグラウンドで胴上げされたあと、目にビールが入らないようゴーグルをつけて臨むビールかけの選手がはしゃいでいる祝賀会の様子は、野球に興味がない人でもニュースなどで見る機会が多くあります。シーズン開幕からペナントレースを見届けていた私達にとって嬉しいものです。アメリカのメジャーリーグではシャンパンファイトでシャンパンを泡立てているのに、日本のプロ野球はビールを使うのは何故でしょうか?

優勝のビールかけはアメリカのメジャーリーグのシャンパンファイトに倣ったものです。

さらに遡ると、フランスの皇帝ナポレオンがシャンパンの勢い良く吹き出る様子を気に入って戦いの後にかけたことがルーツとされています。

日本では、シャンパンを飲む習慣がありませんが、だからビールというわけではないようです。

スポーツイベントでは、自動車の世界選手権の大会公式シャンパンのように主催者が用意したものを使います。用意していないのであれば、表彰台の上に正座させてバケツやゴミ箱に酌んでおいた水を頭からかけられます。パフォーマンスですから、勢い良くかけられる液状のものであれば何でも良いのです。

日本で優勝ビールかけをする以前はビールで乾杯する程度でした。

昭和34年(1959年)に南海ホークスが優勝を決めた後の祝勝会でカールトン半田内野手が他の選手にビールをかけたことが始まりです。

嬉しい時のハプニングがきっかけで日本での根強い風習になっています。

用意された4000~5000本のビールが尽きてしまうのにおよそ何分かかるか時計を見ながら計ると面白そうです。